うとないキッズクリニック 北栄町,沼ノ端駅,苫小牧市 小児科、アレルギー科

予防接種のご案内

市直営の予防接種専門施設はないので、BCG以外は市内の医療機関で受けます。ワクチンは色々な事と絡み合うので、副反応が出た時、病気になった時、健診の時など、小児全般に対応できる医療機関を選択するのが無難です。ワクチンのみの利便性で考えず、小児科専門医のいるところでの接種が一番です。

デビュー済みでも、小児科の看板あったが非専門医、市の出先機関と勘違い、医師の診察や説明がなく心配、十分な説明なく標準と違うスケジュールで接種などの理由で、途中から医療機関を切り替える方もいます。ワクチンの中身は変わりませんので、安心して小児科専門医のいるところに乗り換えて下さい。

  1. ワクチンデビューの方、当院でのワクチンが初めての方
  2. 予約方法と受付時間
  3. 当院で対応しているワクチン
  4. 日本脳炎…北海道でも接種するの?と思われている方へ
  5. 子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス)…副反応が心配な方へ

1.ワクチンデビューの方、当院でのワクチンが初めての方

  • 生後2か月になったらワクチンデビュー!まずは、ヒブ、肺炎球菌、B型肝炎、ロタ からです。
  • 基本的に予約をお願いします。
  • できるだけ予診票の記入できるところは記入のうえ、ご来院下さい。
  • 接種後は重篤な副反応の出現に備えて、30分ほど経過を見る必要があります。
  • 予診票の確認や診察、準備、接種、経過観察とあるため、ワクチンはそれなりに時間を要します。ワクチン後の予定にご注意下さい。
  • 小児科専門医小児科学会の方針に基づいて進めていきます。スケジュールから外れた場合も、個々の状況に応じて修正していきます。非専門医の自己流ではないのでご安心下さい。
  • ご不明な点は、診療受付時間内にお電話でお問い合わせ下さい。

(重要)感染性の病気が疑われる方とは、空調も独立させた別の待合でお待ちいただきます。玄関と最初の受付は共通ですが、風邪気味だけどワクチンに来た方や風邪気味の家族の方の入室を防ぐためと防犯のためです。空気感染する病気は裏玄関からの出入りです。飛沫感染する病気は表玄関や最初の受付ですれ違うだけではまず感染しません。安心してワクチンを受けて下さい。

2.予約方法と受付時間(母子手帳を忘れずに!)

  • トップページの「診療予約はこちらから」から予約できます。必要があればお電話下さい。
  • 一般診療中は予約なしも受け付けますが、待ち時間が長くなり、混雑時はお断りせざるを得ない場合があります。遅くても午前は11時20分、午後は17時20分までにご来院願います。
  • 乳児健診の時間帯も、健診と同時に行う場合、健診を受ける方のご兄弟の場合は接種できます。
  • 海外渡航で特別に行うもの、国が積極的な推奨を行っていないものは常備していませんので、予約とともにお電話でご連絡願います。詳細は下記をご参考下さい。

3.当院で対応しているワクチン(母子手帳を忘れずに!)

  • 定期接種…地元市町村内で一定期間内に接種すれば無料のもの。事前に地元市町村と相談をすると、地元以外でも受けられる場合があります。
  • 任意接種…定期以外のもので有料。定期の対象でも時期を逃すと任意扱いで。任意は重要ではないと思われがちですが、政府の政策や財政状況にて定期にできていないだけのものもあります。

定期接種(院内に常備し、いつでも接種できるもの)

  • ヒブ 生後2・3・4ヶ月、1歳の計4回
  • 小児用肺炎球菌 生後2・3・4ヶ月、1歳の計4回
  • B型肝炎 … 生後2・3・7~11ヶ月の計3回
  • ロタ(2020年10月から※2020年8月生まれ以降のみ)… 生後2・3・(4)ヶ月の計2(3)回
  • 四種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ)… 生後3・4・5ヶ月、1歳4~6ヶ月の計4回
  • MR(麻しん風しん混合)1歳と年長(就学前の1年間)の計2回
  • 水痘(みずぼうそう)1~2歳で3ヶ月以上あけて計2回
  • 日本脳炎 … 3~12歳の計4回(詳細はこのページの下の方を参照)
  • 二種混合(ジフテリア・破傷風)11~12歳(3種混合が3回未満の方は事前にご相談下さい)

任意接種(院内に常備し、いつでも接種できるもの)

  • たふくかぜ(ムンプス) … 基本は1歳と年長の2回
  • ロタ(2020年7月までに生まれ方)… 生後2・3・(4)ヶ月の計2(3)回

定期接種だが院内に常備しておらず、事前にお問い合わせ頂きたいもの

  • 子宮頸がん(HPV) … 女児限定で小6から高1の間に計3回(詳細はこのページの下の方を参照)
  • 不活化ポリオ単独 … 三種混合とポリオを別々に接種し、三種よりポリオの回数が少ない方のみ)

任意接種で、院内に常備しておらず、事前にお問い合わせ頂きたいもの

  • 定期ワクチンに名前はあるが、定期の時期を逃した場合、抗体がなく任意で追加する場合
  • A型肝炎 …アジア、アフリカ、中南米などの流行地域に渡航される方に必要性が高いです
  • 髄膜炎菌 …寮など集団生活で感染リスクが高く、渡米で接種証明を求められることがあります
  • その他、これまでに記載のないもの

4.日本脳炎…北海道でも接種するの?と思われている方へ

北海道でも平成28年4月1日から定期接種です。南国の病気のイメージですが交通網の発達、地球温暖化などにより北海道人も無縁ではありません。生後6か月より接種できますが、基本は3歳から始まり12歳までに完了です。生年月日による違いもあるので下記をよくお読み下さい。

なお、九州・中国・四国や東南アジア地域、これら以外の西日本でも養豚の盛んな地域に転居の予定があったり、頻繁に行ったりする小児では、接種の前倒しが推奨されます。その地域が前倒しすべき地域かどうかわからない場合は、その地域の小児が早めて接種しているかどうか、その地域の知り合いや小児科医院に確認してみるのが一番確実です。

<平成21年(2009年)10月2日以降に生まれた方>

基本は3歳になったら開始です。

  • 3歳で1期初回として2回①② (①と②は1-4週間あけて)
  • 4歳で1期追加として1回③  (②と③は6ヶ月以上、標準的には1年あけて)
  • 9-12歳で2期として1回④  (③と④が標準的には5年あけて)

3歳未満の方は、3歳より前に前倒しする必要があるかどうか、上記を確認下さい。該当しない場合は、基本的に3歳になったらご来院ください。

3~7歳5ヶ月の方は、早速開始しましょう。7歳6ヵ月になる前に③まで終わらせる必要があります。①②③は、標準的には約1年、最短でも7ヶ月弱かかるので、6歳10ヵ月までには開始して下さい。これを過ぎてしまった場合は一部自費になる可能性がありますが、それでも受けた方が良いワクチンです。

7歳6ヶ月を過ぎた方は、9~12歳で1回定期接種できますが、不足分は自費となります。

<平成19年(2007年)4月2日~平成21年(2009年)10月1日までに生まれた方>

9~12歳で4回まで定期接種できます。①②③は最短でも7ヶ月程度を要し、③④の間隔は1週間以上で良いことになっていますが、数年あける方が理想です。まだ開始していない方は早急に開始して下さい。平成19年生まれの方は2020年に13歳になり、定期接種の権利が消滅していきます。

<平成19年(2007年)4月1日までに生まれた方>

20歳の誕生日の前日までに、4回まで定期接種できます。①②③は最短でも7ヶ月程度を要し、③④は数年あけるのが理想です。早速開始して下さい。

4.子宮頸がん:ヒトパピローマウイルス…副反応が心配な方へ

定期接種だが国は積極的にはお勧めしないという中途半端な状況ですが、接種しない方が危険です。

話題の副反応は、広範な疼痛や感覚・運動・自律神経・認知機能障害などの「多様な症状」です。調査の結果、同じような「多様な症状」が、ワクチンを受けていない少女にも同程度の頻度で存在することが明らかになり、ワクチンとの関連性は認められませんでした。ワクチン成分には問題なさそうだが、接種時の痛みや不安のストレスをきっかけに「多様な症状」を引き起こす可能性はあるかもしれないとの考えで良さそうです。このような「多様な症状」が起きる頻度は数百万接種の1回ととても低いのに対して、日本では子宮頸がんが原因で毎年約3,000人が命を落とし、10,000もの子宮が失われています。どちらを心配しますか? WHOから「安全上の問題は確認されていないのに、根拠のない主張にて接種率が低迷し、真の害悪をもたらすことを懸念する」と日本の政策に対する批判が出ています。他国も、世界中の日系人も迷わずワクチンを選んでいます。

性的な接触にて感染したウイルスが子宮頸がんの原因となるので、接触が始まる年齢になる前に済ませれば良いことになります。一般的に中学生では可能性は低いと思われますが、高校生になれば徐々に高くなると思います。定期接種できるのは小6~高1までで、接種完了まで6ヶ月が必要です。メリットの方がずっと大きいので接種が望ましいのは当然ですが、厚労省が積極的勧奨はしないため前向きになれないのも分かります。そうであれば、中学のうちは積極的勧奨になるのを待ち、積極的勧奨とならなくても高1になったら早めに接種を開始でどうでしょうか?